北海道の山地、河川、平野

中学入試で必須の北海道の山地、河川、平野

北海道は日本の面積の22%(5分の1以上)を占めています。
面積が広いだけに覚えることもたくさんあります。

 

北海道の気候(中学受験地理のポイント)

北海道の気候で覚えておきたいのは降水量は多くないということです。

 

雪が積もっているイメージがあるので、降水量も多いと思いがちですが間違いです。
雪が多いのは寒くてなかなか溶けないから。

 

北海道は梅雨もなく台風もあまり来ないので年間と通して降水量が多くありません。
しっかり覚えておきましょう。

 

北海道の山地と河川

北海道の山地、山脈で覚えておきたいのは4つ。
北海道の中央部を南北に2列に分かれて並んでいます。

 

1行目(東側)の上が北見山地、下が日高山脈。
2行目(西側)の上が天塩山地、下が夕張山地です。

 

日高山脈だけが山脈で、あとは山地です。

 

北海道の河川で覚えておきたいのは石狩川
石狩川は日本3位の長さで、上流には上川盆地、下流には石狩平野が広がっています。

 

東部の十勝平野を流れる十勝川
北部の天塩山地を流れる天塩川も中学入試では頻出です。

 

稲作の石狩平野、畑作の十勝平野(中学受験地理のポイント)

北海道にある平野で覚えておきたいのは2つ。
石狩平野と十勝平野です。

 

石狩平野は石狩川の下流にある平野で札幌市も含まれます。ここは、もともと農業には向かない泥炭地でしたが、客土を行うことで、日本でも有数の米作地帯となりました

 

石狩川の上流に広がる上川盆地でも稲作がさかんです。

 

十勝平野は十勝川の下流にあり、主な都市は帯広です。ここは、火山灰地のため畑作がさかんで、小麦、大豆、じゃがいもなどが生産されています。

 

同じ火山灰地で北海道東部にある根釧台地では酪農がさかんなことも覚えておきましょう。

 

函館があるのは渡島半島(中学受験地理のポイント)

北海道にある主な半島は3つ。

 

青森県側にある北海道の「クビ」のようなところが渡島(おしま)半島。函館市があります。
ちなみに、青森県側にあるのは下北半島(太平洋側)と津軽半島です。

 

北海道の東部、北方領土を挟む形で上下に2つの半島があります。
上(北)側が知床半島で、下(南)側が根室半島。

 

知床半島世界自然遺産に登録されているので入試問題ではよく出題されます。

 

サミットが開かれた洞爺湖

中学受験社会で覚えておきたい北海道の湖は下記の5つです。

  • 阿寒湖(あかんこ)…特別天然記念物のマリモが有名
  • 摩周湖(ましゅうこ)…日本でもっとも透明度が高い(世界でも2番目)
  • 洞爺湖(とうやこ)…2008年に主要国首脳会議(サミット)が開かれた
  • クッシャロ湖…日本最大のカルデラ湖
  • サロマ湖…北海道で最も大きい湖(日本では琵琶湖、霞ヶ浦に続く3番目の大きさ)

 

道庁所在地は札幌市

北海道の中心地は札幌市です。
ちなみに、北海道なので県庁所在地ではなく道庁所在地になります。

 

札幌市は、全国に20ある政令指定都市のひとつで人口は約200万人。
全国の中で4番目に人口が多い市です。

 

さっぽろ雪まつりなどで観光都市としても有名になっています。

 

中学受験(地理)で良く出るのは札幌市の緯度
札幌と緯度が同じくらいの世界の都市はどこでしょう?という問題が良く出ます。

 

札幌市の緯度は北緯43度。
ロシアのウラジオストクやフランスのマルセイユとほぼ同じです。

 

北海道の関連ページ

 

オンライン学習を始めよう!

page top