中学受験向け社会の勉強法

厳選!中学受験向け社会の勉強方法

中学受験生向けに社会の勉強方法を紹介しています。

 

社会は勉強量を成績が比例しやすい科目(やればやるだけ成績が伸びる科目)ですが、中学受験生は社会以外にも勉強しなければなりません。となると、重要なのは効率。

 

いかに効率的に成績を上げるか
そのための勉強法を紹介しています。

 

中学受験の社会で成績を上げる勉強法

中学受験の勉強はどうしても算数や国語が中心になります。塾での勉強でも算数に一番力を入れているところが多く、社会は理科よりも後回しにされがち。

 

また、社会は暗記すれば何とかなる(記憶力の勝負)という考え方の人が多いので、勉強法も特に教えてもらっていないものです。

 

その結果、自分独自の勉強法になってしまいます。
これが危険です。

 

 

暗記が苦手な人向け中学受験勉強法

中学受験に限らず勉強では覚えなければならないことがいくつもあります。入試問題では以前ほど知識の量や暗記の量を問う問題は少なくなっています。

 

ただし、暗記が必要なくなっているわけではありません。覚えなければならないことはたくさんあり、暗記が苦手な子はそれだけで入試が不利になってしまいます。

 

そもそも、暗記が苦手な子には共通した特徴があります。

 

 

中学受験のラストスパート勉強法で栄冠を勝ち取る!

中学受験は成長期にある小学生が受けるものですので、直前期のラストスパートが高校受験や大学受験よりも大きな効果を発揮します。

 

いままで勉強してきたものが、ここで一気に花開いて、模試では合格圏外だった志望校にも逆転合格できたという人が春には何人も出るのが中学受験ならでは。

 

ただ、誰もが成績が急上昇するわけではありません。
逆転合格するためにはラストスパートの勉強法がポイントです。

 

page top