中学受験でよく出る雨温図一覧(日本の都市)

中学受験でよく出る雨温図一覧(日本の都市)

中学受験(社会・地理分野)で定番の雨温図をまとめました。

 

札幌、東京、松本、富山、岡山、那覇など中学入試でよく出題される代表的な都市だけでなく、参考書などには載っていない都市も対象にしています。

 

なお、ここに掲載している雨温図は気象庁のデータをもとに過去30年間(1980年から2010年まで)の平均値をもとに作成しました。

 

雨温図を覚えるときの注意

気温の折れ線グラフと降水量の棒グラフの関係は、グラフを作成するときの横軸の取り方により異なります。次の2つはどちらも札幌市の雨温図です。

 


1月と2月と12月は降水量の棒グラフ(青い棒)が気温の折れ線グラフ(赤い線)よりも上にあると覚えてしまうのは間違いです!

 


横軸の取り方(上の図では降水量の最高が400、下の図では800)によって、棒グラフ(青い棒)と線グラフ(赤い線)の関係は変わるからです。

 

間違った覚え方をしないようにしてください。

 

日本の都市の雨温図一覧

札幌の雨温図

雨温図(札幌)
冬(12月,1月,2月)は氷点下となり、梅雨がないため6月の降水量が少ないのがポイントです。

 

釧路の雨温図

雨温図(釧路市)
3月でも氷点下となり札幌より寒いことが特徴です。

 

仙台の雨温図

雨温図(仙台市)

 

前橋の雨温図

雨温図(前橋市)

 

長岡の雨温図

雨温図(長岡市)

 

松本の雨温図

雨温図(松本市)

 

金沢の雨温図

雨温図(金沢市)

 

富山の雨温図

雨温図(富山市)

 

東京の雨温図

雨温図(東京)
東京の年間降水量が約1500oということを覚えておきましょう。

 

名古屋の雨温図

雨温図(名古屋市)

 

京都の雨温図

雨温図(京都)

 

大阪の雨温図

雨温図(大阪)

 

奈良の雨温図

雨温図(奈良市)

 

高山の雨温図

雨温図(高山市)

 

尾鷲の雨温図

雨温図(尾鷲市)
日本でも有数の降水量の多さです。年間で東京(約1500mm)の2倍以上と覚えておきましょう。

 

岡山の雨温図

雨温図(岡山市)

 

広島の雨温図

雨温図(広島市)

 

松江の雨温図

雨温図(松江市)

 

高松の雨温図

雨温図(高松市)

 

高知の雨温図

雨温図(高知市)

 

福岡の雨温図

雨温図(福岡市)

 

宮崎の雨温図

雨温図(宮崎市)

 

熊本の雨温図

雨温図(熊本市)

 

屋久島の雨温図

雨温図(屋久島)
尾鷲とともに年間降水量が多いのが特徴ですが、降水量が最も多い月は尾鷲が9月なのに対し、屋久島は6月となっています。

 

那覇の雨温図

雨温図(那覇市)

 

宮古島の雨温図

雨温図(宮古島)

 

八丈島の雨温図

雨温図(八丈島)

 

相川(佐渡島)の雨温図

雨温図(佐渡島)

中学受験「逆転合格」への第一歩

差がつきやすい記述問題で高得点を取るために添削問題・添削指導のノウハウがあるZ会がオススメです。中学受験コースには「トータル指導プラン」と「塾併用要点学習プラン」がありレベル・進度にあわせた勉強をすることができます。
詳しくはコチラ ⇒ Z会 小学生向け講座
page top