中学受験社会に出る都道府県人口問題

中学受験社会に出る都道府県人口問題(高齢化率など)

中学受験の社会(地理分野)で必須の都道府県別人口に関するポイントを作成しました。

  • 「2番目に人口が多い都道府県は?」
  • 「最も人口が少ない都道府県は?」
  • 「東京都の人口は日本全体の人口の何%ぐらいか?」

最後にある確認問題とあわせてチェックしてみてください。

 

都道府県別の総人口データ

順位都道府県名人数(千人)割合
1位東京都13,82210.9%
2位神奈川県9,1777.3%
3位大阪府8,8137.0%
(省略)
45位高知県7060.6%
46位島根県6800.5%
47位鳥取県5600.4%

(データ出所:総務省統計局「国勢調査」2018年10月1日時点)

東京都の人口は日本の総人口の10%を超えています。

反対に最も人口が少ない鳥取県は1%未満となっています。

 

高齢者人口比率の高い都道府県は?

人口に関する入試問題では高齢者(65歳以上)人口も出題されることがあります。
これもチェックしておきましょう。

順位都道府県名高齢者人口比率
1位秋田県36.5%
2位高知県34.8%
3位島根県34.0%
全国平均28.1%
45位愛知県24.9%
46位東京都23.1%
47位沖縄県21.6%

(データ出所:総務省統計局「国勢調査」2018年10月1日時点)

秋田県、高知県など地方で高齢化が進んでいる。

最も高齢者人口比率が低いのは沖縄県。

 

年少人口比率の高い都道府県は?

年少人口(15歳未満)比率もあわせて整理しました。

順位都道府県名年少人口比率
1位沖縄県17.1%
2位滋賀県14.0%
3位佐賀県13.6%
全国平均12.2%
45位北海道10.9%
46位青森県10.8%
47位秋田県10.0%

(データ出所:総務省統計局「国勢調査」2018年10月1日時点)

沖縄県のほか滋賀県、佐賀県で高い

年少人口比率が低いのは北の3道県(北海道、青森県、秋田県)

 

都道府県別の人口増減率データ

「地方では過疎化が進んでいる」というテーマで出題されるのが人口増減率です。
ここでは2017年10月〜2018年9月までの1年間の増減率をまとめました。

順位都道府県名人口増減率(2017〜2018年)
1位東京都0.7%
2位沖縄県0.3%
3位埼玉県0.3%
全国平均-0.2%
45位岩手県-1.1%
46位青森県-1.2%
47位秋田県-1.5%

(データ出所:総務省統計局「国勢調査」2018年10月1日時点)

日本全体で総人口は減少している(平均が-0.2%)

人口が増えているのは東京都など都心部と沖縄県

 

都道府県人口に関する中学受験社会の確認問題

(問題を読み込むまでに少し時間がかかります。そのままお待ちください)

確認問題解答
問題1:2番目に総人口が多い都道府県は?答え1
問題2:2番目に総人口が少ない都道府県は?答え2
問題3:東京都の総人口は日本の総人口のおよそ何割?答え3
問題4:最も総人口が少ない都道府県は?答え4
問題5:高齢者人口比率が最も高い都道府県は?答え5

赤い部分をクリックすると正解が表示されます。

違う問題で確認

ココをクリックすると問題が再作成されます

何回も挑戦してみてください。

PR

page top