促成栽培がさかんな都道府県(中学受験の地理)

促成栽培がさかんな都道府県の農産物収穫量ランキング

促成栽培とは、本来の季節よりも早く農産物を生産し、出荷することです。
具体的には、冬でも温暖な気候を利用して、春野菜や夏野菜を生産することが挙げられます。

 

では、この促成栽培がさかんな都道府県がどこか、農産物の収穫量ランキングで見てみます。

 

キュウリ、ナス、ピーマンの収穫量ランキング(2018年)

促成栽培の代表的な農産物であるキュウリ、ナス、ピーマンの都道府県別収穫量は次の通りです。

キュウリナスピーマン
順位都道府県名割合(%)都道府県名割合(%)都道府県名割合(%)
1位宮崎県11.6高知県13.6茨城県24.9
2位群馬県10.2熊本県11.0宮崎県19.7
3位埼玉県8.5群馬県8.9高知県10.1
4位福島県7.2福岡県7.2鹿児島県9.4
5位千葉県6.6茨城県5.7岩手県5.6

(データ出所:農林水産省「グラフと統計でみる農林水産業」)

 

促成栽培による野菜の生産は宮崎県と高知県でさかん

中学受験(地理で覚えておきたいキーワードが促成栽培です。

 

促成栽培とは、夏にできる野菜(キュウリ、ナス、ピーマンなど)を春や冬に作って出荷する栽培です。こうしたことが出来るのは冬でも温暖な気候のところ。

 

代表的な場所が、宮崎平野高知平野です。
どちらも冬でも温暖で有名なところですね。

 

キュウリ1位は宮崎県、ナスの1位は高知県

都道府県別の生産量ランキングでも、宮崎平野のある宮崎県キュウリ1位、ピーマン2位。
高知平野のある高知県ナス1位、ピーマン3位となっています。

 

促成栽培はビニルハウスなどを用いるので施設園芸(栽培)とも呼ばれます。本来の季節とは違う時期に出荷することで高く売ることが出来ますが、暖房費がかかってしまいます。

 

促成栽培とセットで覚えておきたいのは抑制栽培
こちらは春や秋に出来る野菜を涼しいところで夏につくるものです。

 

関連ページ
  1. お米の収穫量の都道府県ランキング
  2. 北海道が収穫量全国1位の農産物トリオを覚えておこう
  3. 小麦、大豆の都道府県別収穫量ランキング
  4. 高原野菜(レタス、キャベツ、はくさい)の都道府県別集収穫量順位
  5. 近郊農業がさかんな都道府県の農産物収穫量ランキング(ほうれん草、長ネギ)

オンライン学習を始めよう!

page top