グラフで確認「日本の農産物輸入相手国」

日本の農産物輸入相手国データを円グラフで確認

日本は農産物の多くを輸入に頼っていますが、どの国から輸入しているかは農産物の品目(種類)により異なります。

 

中学入試の社会でよく出題される品目(牛肉豚肉小麦大豆トウモロコシなど)について円グラフにしたので確認しておいてください(データ出所「財務省 貿易統計」をもとに作成)。

 

日本の農産物輸入相手国データ(2020年)

牛肉、豚肉、鶏肉の輸入相手国

日本の農産物輸入相手国(牛肉、豚肉、鶏肉)

 

牛肉豚肉鶏肉
割合(%)割合(%)割合(%)
オーストラリア45.4アメリカ28.1ブラジル67.4
アメリカ42.2カナダ26.1タイ30.2
カナダ5.0スペイン11.9アメリカ1.9
ニュージーランド3.8メキシコ11.5トルコ0.4
メキシコ1.9デンマーク8.5フィリピン0.0
その他1.7その他13.9その他0.1

割合は金額によるもの。データ出所「財務省 貿易統計」

中学入試(社会)でのポイント
  • 牛肉はオーストラリアとアメリカからがほとんど
  • 豚肉はアメリカとカナダで半分強
  • 鶏肉はブラジルだけで60%近い
  • アメリカは牛肉、豚肉で上位に入っている
  • 牛肉はオーストラリア、鶏肉はブラジルが1位

 

小麦、大豆、とうもろこしの輸入相手国

日本の農産物輸入相手国(小麦、大豆、とうもろこし)

小麦大豆とうもろこし
割合(%)割合(%)割合(%)
アメリカ46.9アメリカ72.8アメリカ63.9
カナダ36.5カナダ13.9ブラジル34.3
オーストラリア16.2ブラジル11.6南アフリカ0.9
フランス0.3中国1.5ロシア0.5
ドイツ0.0ロシア0.1フランス0.2
その他0.0その他0.0その他0.3

割合は金額によるもの。データ出所「財務省 貿易統計」

中学入試(社会)でのポイント
  • 小麦、大豆、とうもろこしはずべてアメリカが1位
  • アメリカの割合が最も多いのは大豆で約70%
  • 小麦は、アメリカ、カナダ、オーストラリアでほぼ100%
  • とうもろこしは、アメリカとブラジルでほぼ100%

 

コーヒー豆、えび、さけ・ますの輸入相手国

日本の農産物輸入相手国(えび、さけ・ます、コーヒー豆)

コーヒー豆えびさけ・ます
割合(%)割合(%)割合(%)
ブラジル28.6ベトナム21.4チリ60.2
コロンビア19.9インド20.3ノルウェー22.5
ベトナム15.5インドネシア16.7ロシア9.5
グアテマラ9.3アルゼンチン9.9アメリカ3.3
エチオピア7.1タイ5.4カナダ1.0
その他19.5その他26.4その他3.5

割合は金額によるもの。データ出所「財務省 貿易統計」

中学入試(社会)でのポイント
  • コーヒー豆はブラジル、コロンビア、ベトナムが上位三か国
  • エビは、ベトナム、インド、インドネシアなどアジア圏の国が多い
  • さけ・まずはチリ、ノルウェーなど海洋国家、漁業国からの輸入が多い

中学受験「逆転合格」への第一歩

差がつきやすい記述問題で高得点を取るために添削問題・添削指導のノウハウがあるZ会がオススメです。中学受験コースには「トータル指導プラン」と「塾併用要点学習プラン」がありレベル・進度にあわせた勉強をすることができます。
詳しくはコチラ ⇒ Z会 小学生向け講座
page top