中学入試社会で差がつく都道府県データの確認問題

入試で差がつく都道府県ランキングが特徴的な農産物

キャベツ、レタス、ナス、トマト、キウイフルーツなど中学入試の社会(地理分野)で差がつきやすい都道府県ランキングが特徴的な農産物を一覧でまとめました。

 

最後に確認問題も作成しているので、あわせてチェックしてみてください。

 

高原野菜(キャベツとレタスの区別をしっかりつける)

同じ高原野菜として紛らわしいのがキャベツレタスです。
都道府県別の収穫量ランキングでは、キャベツとレタスはまったく違うので注意しましょう。

キャベツ収穫量1位(2017年)は群馬県
順位都道府県名全国割合
1位群馬県18.7%
2位愛知県17.5%
3位千葉県7.9%
4位茨城県7.9%
5位神奈川県5.5%

(出所:農林水産省ホームページ「グラフと統計でみる農林水産業」から作成)

レタス収穫量1位(2017年)は長野県
順位都道府県名全国割合
1位長野県39.2%
2位茨城県15.5%
3位群馬県8.7%
4位長崎県5.6%
5位兵庫県4.6%

(出所:農林水産省ホームページ「グラフと統計でみる農林水産業」から作成)

キャベツは群馬県、レタスは長野県

レタスは全国収穫量の4割近くが長野県

 

促成栽培(ナス、トマト、キュウリも1位が異なる)

同じ促成栽培でもナストマトキュウリは、それぞれ収穫量1位の都道府県が異なります。
こちらもしっかり覚えておきましょう。

ナス収穫量1位(2017年)は高知県
順位都道府県名全国割合
1位高知県14.1%
2位熊本県10.6%
3位群馬県8.3%
4位福岡県7.1%
5位茨城県6.0%

(出所:農林水産省ホームページ「グラフと統計でみる農林水産業」から作成)

トマト収穫量1位(2017年)は熊本県
順位都道府県名全国割合
1位熊本県17.5%
2位北海道8.5%
3位茨城県6.6%
4位愛知県6.4%
5位千葉県5.4%

(出所:農林水産省ホームページ「グラフと統計でみる農林水産業」から作成)

キュウリ収穫量1位(2017年)は宮崎県
順位都道府県名全国割合
1位宮崎県12.2%
2位群馬県10.1%
3位埼玉県8.5%
4位福島県7.2%
5位千葉県6.2%

(出所:農林水産省ホームページ「グラフと統計でみる農林水産業」から作成)

ナス1位高知県、トマト1位熊本県、キュウリ1位宮崎県

促成栽培品目は四国・九州の温暖な地域が1位となっている

 

キウイフルーツ収穫量(2017年)の1位は愛媛県

順位都道府県名全国割合
1位愛媛県25.1%
2位福岡県19.9%
3位和歌山県14.9%
4位神奈川県6.9%
5位静岡県5.7%

(出所:農林水産省ホームページ「グラフと統計でみる農林水産業」から作成)

キウイフルーツ1位の愛媛県は全国の収穫量の約4分の1

 

都道府県ランキングが特徴的な農産物の確認問題

確認問題解答
問題1:キャベツ収穫量が全国1位(2017年)の都道府県は?答え1
問題2:レタス収穫量が全国1位(2017年)の都道府県は?答え2
問題3:ナス収穫量が全国1位(2017年)の都道府県は?答え3
問題4:トマト収穫量が全国1位(2017年)の都道府県は?答え4
問題5:キュウリ収穫量が全国1位(2017年)の都道府県は?答え5

赤い部分をクリックすると正解が表示されます。

違う問題で確認

ココをクリックすると問題が再作成されます

何回も挑戦してみてください。

PR

page top