中学受験でよく出る雨温図一覧(日本の都市)

中学受験でよく出る雨温図一覧(日本の都市)

中学受験(社会・地理分野)で定番の雨温図をまとめました。

 

札幌、東京、松本、富山、岡山、那覇など中学入試でよく出題される代表的な都市だけでなく、参考書などには載っていない都市も対象にしています。

 

なお、ここに掲載している雨温図は気象庁のデータをもとに過去30年間(2017年まで)の平均値をもとに作成しました。

 

雨温図を覚えるときの注意

気温の折れ線グラフと降水量の棒グラフの関係は、グラフを作成するときの横軸の取り方により異なります。次の2つはどちらも札幌市の雨温図です。

 


1月と2月と12月は降水量の棒グラフ(青い棒)が気温の折れ線グラフ(赤い線)よりも上にあると覚えてしまうのは間違いです!

 


横軸の取り方(上の図では降水量の最高が400、下の図では800)によって、棒グラフ(青い棒)と線グラフ(赤い線)の関係は変わるからです。

 

間違った覚え方をしないようにしてください。

 

日本の都市の雨温図一覧

札幌

雨温図(札幌)

 

釧路

雨温図(釧路市)

 

仙台

雨温図(仙台市)

 

前橋

雨温図(前橋市)

 

長岡

雨温図(長岡市)

 

松本

雨温図(松本市)

 

金沢

雨温図(金沢市)

 

富山

雨温図(富山市)

 

東京

雨温図(東京)

 

名古屋

雨温図(名古屋市)

 

京都

雨温図(京都)

 

大阪

雨温図(大阪)

 

奈良

雨温図(奈良市)

 

高山

雨温図(高山市)

 

尾鷲

雨温図(尾鷲市)

 

岡山

雨温図(岡山市)

 

広島

雨温図(広島市)

 

松江

雨温図(松江市)

 

高松

雨温図(高松市)

 

高知

雨温図(高知市)

 

福岡

雨温図(福岡市)

 

宮崎

雨温図(宮崎市)

 

熊本

雨温図(熊本市)

 

屋久島

雨温図(屋久島)

 

那覇

雨温図(那覇市)

 

宮古島

雨温図(宮古島)

 

八丈島

雨温図(八丈島)

 

相川(佐渡島)

雨温図(佐渡島)

PR


 
偏差値を上げるには 中学入試で社会の配点 都道府県ランキング 有名中試の過去問分析 2016年時事問題