中部地方の農業(中学受験社会のまとめ)

中学受験社会(地理)での中部地方の農業のポイント

中部地方の農業について中学受験の社会(地理分野)でポイントとなるところをまとめました。
整理して覚えるようにしましょう。

 

甲府盆地のモモ、ぶどう、長野盆地のリンゴ

中部地方の農業で最初に覚えておきたいのは果樹栽培です。
特に甲府盆地モモぶどう長野盆地リンゴは全国的に有名。

 

都道府県の収穫量ランキングでも、甲府盆地のある山梨県はモモ、ぶどうが全国1位。長野盆地の長野県はリンゴ、ぶどうが全国2位です。

  • 甲府盆地…モモ、ぶどう(山梨県が全国1位)。
  • 長野盆地…リンゴ、ぶどう(長野県が全国2位)。

甲府盆地は水はけのよい扇状地で果樹栽培に適しているというのもポイントです。

 

野辺山原の高原野菜、牧ノ原台地の茶

次の覚えておきたいのは、野辺山原での高原野菜の栽培と牧ノ原台地でのお茶の栽培です。

 

野辺山原(長野県)は夏でも涼しい気候を利用して、レタスやキャベツなど高原野菜が作られています。レタスの収穫量は長野県が全国1位です。

 

静岡県に広がる牧ノ原台地では茶の生産がさかんです。
(お茶の生産量は静岡県が全国1位です。)

 

渥美半島の電照菊、メロンなど

はかにも中部地方の農業で有名なものをまとめました。

  • 富山平野…チューリップ(球根)栽培
  • 渥美半島…電照菊、温室メロンの栽培
  • 越後平野…お米(コシヒカリ)

 

電照菊というのは電球で照らすことで菊の成長を遅らせて出荷するもののこと。
成長を遅らせることを抑制栽培ということも覚えておきましょう。

 

社会を得意科目にして中学受験を有利にするコツ

塾では後回しになりがちな社会の勉強をタブレットを使って効率的にすることで、社会を得意科目にすることができます。得意科目があると自信がつき、ほかの科目へも好影響です。

 

中学入試に対応した発展クラスあり ⇒ ◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

PR


 
偏差値を上げるには 中学入試で社会の配点 都道府県ランキング 有名中試の過去問分析 2016年時事問題