東北地方の工業(中学受験社会のまとめ)

中学受験社会(地理)での東北地方の工業のポイント

東北地方の工業といえば各地の伝統工業が中学受験の社会(地理分野)ではポイントとなります。どこでどんなものが作られているのかしっかり覚えておきましょう。

 

東北地方の伝統工業

東北地方の伝統工業は冬の農家の副業として昔から行われてきたものが多いのが特徴です。

  • 津軽塗…弘前市(青森県)
  • 南部鉄器…盛岡市(岩手県)
  • 大館曲げわっぱ…大館市(秋田県)
  • 鳴子こけし…大崎市(宮城県)
  • 将棋の駒…天童市(山形県)
  • 会津塗…会津若松市(福島県)

 

大館曲げわっぱというのは、お弁当箱などに使われる円筒形の木製の箱のことです。
また、盛岡市の近くで砂鉄が採れたことで、南部鉄器が生産されるようになりました。

 

東北地方のシリコンロード

東北地方の工業で忘れてはならないのはシリコンロード
東北自動車道沿いにIC(集積回路)工場が多いことで、シリコンロードと呼ばれています。

 

IC(集積回路)工場は土地や労働力が安く、輸送に便利なところに作られるので、東北自動車道沿いに多くの工場が集まっています。

 

同じ理由で九州の空港周辺にもIC工場が集まっていますが、こちらはシリコンアイランドと呼ばれます。紛らわしいですが間違えないように気をつけましょう。

 

社会を得意科目にするきっかけ

社会は先生の「しゃべり」がオモシロいと勉強が楽しくなるぐらいハマってしまうものです。学校の授業がつまらないという人はカリスマ講師の授業を見てみましょう。

 

中学講座と小学講座があります。
スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

PR


 
偏差値を上げるには 中学入試で社会の配点 都道府県ランキング 有名中試の過去問分析 2016年時事問題