都道府県ランキングで覚える中学受験の地理

かき(柿)、栗(くり)の都道府県別収穫量(中学受験の地理対策)

秋の味覚の代表的な果物の柿(かき)と栗(くり)。
都道府県別の収穫量1位がどこかわかりますか?

 

中学受験の社会では、リンゴやみかんの都道府県別収穫量は有名ですが、柿や栗まで覚えている人は多くありません。それだけに、知っておくと差をつけることが出来ます。

 

意外な県が1位ですので、覚えておきましょう。

 

柿(かき)、栗(くり)の収穫量ランキング(2012年)
柿(かき)栗(くり)
順位都道府県名割合都道府県名割合
1位和歌山県 25.7%茨城県 32.0%
2位奈良県 14.3%熊本県 19.7%
3位福岡県 11.9%愛媛県 12.1%
4位愛知県 9.2%岐阜県 5.5%
5位岐阜県 7.9%埼玉県 4.7%

(データ出所:農林水産省「グラフと統計でみる農林水産業」)

 

柿の収穫量1位は和歌山県

都道府県別に見たの収穫量1位は和歌山県です。
割合は25.7%ですので、全国の収穫量の約4分の1になります。

 

特に和歌山県北東部に位置する伊都地方での生産が有名です。
和歌山県は果物の生産がさかんで、ミカンも収穫量が日本一になっています。
(参考記事:さくらんぼ、うめの都道府県別収穫量みかん、リンゴの収穫量ランキング

 

栗の収穫量1位は茨城県

都道府県別に見たの収穫量1位は茨城県です。
全国の約3分の1にあたる32.0%が茨城県で収穫されています。

 

茨城県は農業県として有名ですが、果物の生産で収穫量が全国1位なものは栗だけです。
ほかに日本ナシの生産もさかんですが、こちらは全国2位となっています。
(参考記事:日本なし、西洋ナシの都道府県別収穫量

PR


 
偏差値を上げるには 中学入試で社会の配点 都道府県ランキング 有名中試の過去問分析 2016年時事問題