中学受験の社会に出る紛らわしい用語(三角州と扇状地)についてまとめました

三角州と扇状地の違い

中学受験の社会(地理分野)に出てくる三角州扇状地の違いについてまとめました。
紛らわしい用語なので整理して覚えておきましょう。

 

三角州と扇状地の違い

三角州と扇状地はどちらも河川によってつくられる土地のカタチのことです。
川下に向けて三角形に広がっていくところも同じだけに紛らわしいですよね。

 

では、何が違うのかというと、ひとつはできる場所です。

  • 川が山地から平野にかけて流れているところにできるのが扇状地
  • 川が海や湖にそそいでいるところにできるのが三角州

三角州は川が途中で分かれて、いくつかの三角形の土地(中州)が出来ることもあります。
また、三角州と扇状地では水はけ(水もち)も違います。

  • 三角州…水もちが良いので、水田に利用されることが多い
  • 扇状地…水はけが良いので、果樹園に利用されることが多い

「水もちが良い」というのは、その土地に水が溜まりやすいということです。
土地の特徴により栽培される作物が違っていることがポイントです。

 

代表的な三角州と扇状地

試験対策としては代表的な三角州と扇状地も覚えておきましょう。

 

日本国内で有名な三角州の都市としては広島市があります。
太田川が瀬戸内海にそそいでいるところにできた三角州が広島市です。

 

同じ中国地方の萩市(山口県)も三角州として有名です。
こちらは阿武川が日本海にそそいでいるところにできた土地です。

 

また、海ではなく湖に注いでいるところにできた三角州もあります。
長瀬川が猪苗代湖にそそいでいるところ(天神浜)を覚えておきましょう。

 

扇状地として覚えておきたいのは下記。

  • 甲府盆地(山梨県)
  • 山形盆地(山形県)
  • 安曇野(長野県)
  • 琵琶湖西岸(滋賀県)
  • 道後平野(愛媛県)

甲府盆地の果樹栽培(モモ、ブドウ)は特に有名です。

 

参考書よりも頭に残りやすい動画による解説授業はコチラ
スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

PR


 
偏差値を上げるには 中学入試で社会の配点 都道府県ランキング 有名中試の過去問分析 2016年時事問題