中学受験で家庭教師は必要か?

中学受験の社会で家庭教師が必要なケースとは

中学受験で家庭教師をつけるとなると算数や理科などが中心になります。

 

算数は特殊算など小学校では習わない内容など中学受験の専門家に教えてもらうことが効果的ですし、理科も受験校の特徴を押さえた指導が期待できるからです。

 

また、読解問題が苦手という場合は、塾の一斉指導ではなく、家庭教師にじっくり見てもらうことで成績が上がるということもあります。

 

そうなると、一番後回しにされるのが社会です。

 

「暗記なので家庭教師は必要ない」「本人がガンバレばなんとかなる」と思われるのが社会で、確かにそうした面もありますが、家庭教師が必要なケースというのもあります。

 

勉強しているのに成績がイマイチ

社会は「本人がガンバレばなんとかなる」というのはある意味ではあたっています。
ということは、頑張っているのに成績がイマイチなのは何かが間違っている証しです。

 

社会に関しては、勉強していないから成績が悪いのは仕方ありませんが、勉強しているのに良い成績が取れないのは、もともと頭が悪いわけではありません。

 

勉強するポイントがずれていることが原因です。
これは早めに誰かに直してもらう必要があります。

 

そうしないと、無駄な勉強をしている(無駄な時間を使っている)ことになってしまいます。
このケースでは家庭教師に見てもらうことが効果的です。

 

入試問題の社会に特徴がある難関校を志望

基本的な中学入試の社会の問題は普通に勉強していれば解ける問題が多く出題されます。このため難関上位校では受験者の間で差がつきにくくなってしまいます。

 

そこで、難関校の一部では、差が出るように「ひねった」社会の問題を出すところがあります。こうした問題を解けるようになるには、それにあわせた勉強法が必要です。

 

あくまで一部の学校の話なので、塾での集団授業では勉強しないか勉強しても多くの時間は割きません。となると、家庭教師が必要になります。

 

そうした特殊な社会の問題が出ている学校かどうかは過去問を解いてみればわかります。また、中学受験専門の家庭教師などに聞いてみても間違いありません。

 

難関校を志望している方は早めに確認しておいてください。
下記サイトの資料請求が参考になります。
家庭教師のノーバス

PR


 
偏差値を上げるには 中学入試で社会の配点 都道府県ランキング 有名中試の過去問分析 2016年時事問題