開成中入試の過去問(社会)からわかる必要な受験勉強とは

開成中の入試過去問(社会)から必要な受験勉強を分析

開成中の2015年の入試問題から社会で必要な受験勉強についてまとめてみました。社会でどんな勉強が必要か開成中受験生はチェックしてみてください。

 

2015年の開成中入試過去問から必要な勉強

  • 農産物の都道府県別生産量(全国シェアが高いもの)
  • 日本にある世界自然遺産(漢字で書けるようにしておく)
  • 季節による各都道府県での農産物生産の違い
  • 各県の代表的な伝統工芸品
  • 都道府県別に見た第一次産業従事者の割合
  • 都道府県庁所在地の雨温図
  • 国別に見た日本への主要輸出品目の割合と総額

 

定番の都道府県別データ

開成中に限らず中学入試の社会で定番なのが都道府県別にみたデータです。提示されたデータから該当する都道府県を選ぶという問題がよく出題されます。

 

2015年の開成中入試では選択肢にある北海道が生産量全国1位の農産物の中から最も割合が高いものを選ぶという、より細かい知識が求められました。

 

単に順位を把握しているだけではなく、全国でどのぐらいの割合を占めているのかまで覚えていおくことが必要です。

 

農産物以外にも第一次産業従事者の割合も出題されています。人口に関連するものとしては、高齢者人口15歳未満人口の割合も都道府県別に覚えておくようにしましょう。

 

世界遺産、伝統工芸品も必須

世界遺産や伝統工芸品も中学入試では頻出のテーマです。

 

世界遺産については日本にあるものはすべて、伝統工芸品については代表的なものの名前、地域、特徴を押さえておくことが必要です。今後も別の形で出題されることが予想されます。

 

日本の世界遺産は記述対策で漢字で書けるようにしておくことも大切です。

 

雨温図は特徴的な都市を押さえておく

雨温図(月別に気温と降水量をグラフにしたもの)も特徴的な都市については必須です。

 

2015年の入試では日本の都市から選ぶ問題でしたが、世界の都市も要チェック。受験勉強としては、グラフ化したものを机の上など目立つところに貼っておくと自然と頭にのこります。

 

絶対に開成中に合格したいなら要チェック!

中学受験コースをご覧ください ⇒ 家庭教師のノーバス

PR


 
偏差値を上げるには 中学入試で社会の配点 都道府県ランキング 有名中試の過去問分析 2016年時事問題