中学受験社会(地理)での東北地方のポイント

中学受験社会(地理)に役立つ東北地方の自然

中学受験の社会(地理)でポイントとなる東北地方の気候、山、湖についてまとめています。

 

東北地方の気候(中学受験地理のポイント)

東北地方の気候で覚えておきたいのは「やませ」です。
やませとは、夏に太平洋側に吹く北東の冷たい風のこと。

 

北から流れてくる冷たい寒流の千島海流(親潮)の上を北東の季節風が吹くことで東北地方が夏に低温となります。

 

この「やませ」による冷害の影響は、農作物の収穫量が減少などを引き起こします。

 

反対に、日本海側は暖流の対馬海流の上を北西の季節風が吹くことにより、冬に豪雪となることが多くなっています。夏にフェーン現象で高温となることが多いのも日本海側の特徴です。

 

東北地方の山(中学受験地理のポイント)

東北地方の山地などで覚えておきたいのは3つ+1つ。

 

まずは、東北地方の背骨ともいえるのが奥羽山脈
青森県から福島県まで南北に連なっています。

 

この奥羽山脈の日本海側にあるのが出羽山地(ほとんどが山形県)。
反対の太平洋側にあるのが北上高地(岩手県)です。

 

この3つ(奥羽山脈、出羽山地、北上高地)は3つに並んでいます。
山脈、山地、高地と全部呼び名が違うので気をつけましょう。

 

もうひとつは阿武隈高地で、福島県の太平洋側にあります。

 

東北地方の湖(中学受験地理のポイント)

東北地方の湖で覚えておきたいのは北から十和田湖、田沢湖、猪苗代湖の3つ。
ポイントをまとめたので確認しましょう。

  • 十和田湖(青森県、秋田県)…カルデラ湖
  • 田沢湖(秋田県)…日本で最も深い湖
  • 猪苗代湖(福島県)…安積疎水(あさかそすい)の水源

 

特に日本で最も深い湖の田沢湖は忘れずに覚えておきましょう。

 

世界で最も深い湖はバイカル湖(ロシア)です。
このため、田沢湖が日本のバイカル湖と呼ばれることもあります。

PR


 
偏差値を上げるには 中学入試で社会の配点 都道府県ランキング 有名中試の過去問分析 2016年時事問題