中学受験社会(地理)での四国地方のポイント

中学受験社会(地理)に役立つ四国地方の自然

四国地方の自然についての中学受験社会(地理分野)でのポイントをまとめています。
今回は平野、川、半島などです。

 

讃岐平野と高知平野(中学受験地理のポイント)

四国地方には各県に1つずつ主に4つの平野があります。

  • 讃岐平野…香川県の瀬戸内海沿いに広がる四国最大の平野。
  • 高知平野…高知県の中央部に広がる平野。温暖な気候が特徴。
  • 徳島平野…徳島県の吉野川下流に広がる平野。
  • 松島平野…愛媛県の松山市などを含む平野。

この中でも中学受験でよく出るのは讃岐平野と高知平野です。

 

讃岐平野は年間を通して降水量が少ないため、ため池が多く作られていることが特徴。
高知平野は温暖な気候を活かした野菜の促成栽培が有名です。

 

吉野川(別名 四国三郎)

四国最大の川は四国三郎とも呼ばれる吉野川
高知県から徳島県にかけて流れ、下流域は徳島平野になっています。

 

四国「三郎」というには、「太郎」と「次郎」もいます。

  • 坂東太郎…利根川
  • 筑紫次郎…筑後川

この二つに四国三郎(吉野川)を加えて「日本三大暴れ川」とされています。
なお、奈良県にも「吉野川」と呼ばれる川が流れているので間違えないようにしましょう。
(参考ページ:近畿地方の自然(2)

 

高知県には日本最後の清流とも呼ばれる四万十川(しまんと がわ)も流れています。

 

四万十市で2013年8月に日本最高気温の41.0度が観測されたこともあわせて覚えておきましょう。

 

佐多岬半島

四国の北西(愛媛県)から細長く突き出しているのが佐田岬半島です。
その名の通り先端には佐田岬があります。

PR


 
偏差値を上げるには 中学入試で社会の配点 都道府県ランキング 有名中試の過去問分析 2016年時事問題