中学受験社会(地理)での四国地方のポイント

中学受験社会(地理)に役立つ四国地方の自然

中学受験の社会(地理分野)でポイントとなる四国地方の気候、山、湖についてまとめています。整理してしっかり覚えましょう。

 

四国地方の気候(中学受験地理のポイント)

四国地方の気候は太平洋側と瀬戸内海側で大きく2つに分けられます。

  • 太平洋側…沖合を流れる黒潮(日本海流)の影響で年間を通して温暖。
  • 瀬戸内海側…年間を通して晴天の日が多く、降水量も少ない

どちらも温暖なことは共通ですが、降水量が違います。

 

太平洋側は台風の通り道となることも多く、日本でも降水量の多い地域となっています。
逆に瀬戸内海側は年間を通して降水量が少ないのが特徴です。

 

このため、川が少ない香川県では昔から水不足に悩まされ、
数多くの「ため池」が作られるようになりました。

 

四国地方の山(中学受験地理のポイント)

太平洋側と瀬戸内海側を分けているのが四国山地です。
高く険しい山が連なり、南東の季節風を遮っています。

 

四国で最も高い山は、愛媛県の石鎚山(いしづちさん)。
標高は1,982mで近畿より西では最も高い山です。

 

近畿より東には高い山が多いのですが、西には2,000mを超える山はありません。
意外なポイントなので要チェックです。

 

室戸岬と足摺岬

四国で覚えておきたいのは2つの岬。
どちら高知県にある室戸岬(むろとみさき)と足摺岬(あしずりみさき)です。

 

地図で見ると、太平洋に突き出しているところです。
東側にあるのが室戸岬で、西側が足摺岬。

 

この2つの岬に囲まれたところが土佐湾です。

 

PR


 
偏差値を上げるには 中学入試で社会の配点 都道府県ランキング 有名中試の過去問分析 2016年時事問題