中学受験社会(地理)での近畿地方のポイント

中学受験社会(地理)に役立つ近畿地方の自然

近畿地方の自然についての中学受験社会(地理分野)でのポイントをまとめています。
今回は平野、川、半島についてです。

 

大阪平野、伊勢平野、播磨平野(中学受験地理のポイント)

近畿地方の平野で覚えておきたいのは3つ。

  • 大阪平野…淀川下流域の大阪府から兵庫県の南東部にまで広がる。
  • 伊勢平野…三重県の四日市市、津市などに広がる平野。
  • 播磨平野…瀬戸内海に面し兵庫県西部に広がる。

伊勢平野播磨平野の位置は地図で確認しておきましょう。

 

志摩半島の北側にあり伊勢湾に面しているのが伊勢平野。
播磨平野は姫路市や神戸市があり淡路島よりも西側に位置しています。

 

淀川、紀ノ川(中学受験地理のポイント)

近畿地方の川で覚えておきたいのは淀川紀ノ川
両方とも上流では別の名前で呼ばれています。

  • 淀川…大阪湾に注ぐ。上流では瀬田川、宇治川と呼ばれる。
  • 紀ノ川…紀伊水道に注ぐ。上流(奈良県)では吉野川と呼ばれる。

※四国にも吉野川があるので間違えないようにしましょう。

 

紀伊半島、志摩半島、丹後半島

近畿地方と言えば何と言っても紀伊半島です。
日本最大の半島で近畿地方の太平洋側に突き出ている部分です。

 

紀伊半島の最南端は潮岬本州最南端にもなっています。
潮岬の東側が熊野灘、西側が紀伊水道です。

 

三重県の志摩半島、京都府の丹後半島も覚えておきましょう。
志摩半島はリアス式海岸であることもポイントです。

PR


 
偏差値を上げるには 中学入試で社会の配点 都道府県ランキング 有名中試の過去問分析 2016年時事問題