中学受験社会(地理)での近畿地方のポイント

中学受験社会(地理)に役立つ近畿地方の自然

中学受験の社会(地理分野)でポイントとなる近畿地方の気候、山、湖についてまとめています。まずは、気候の特徴から見ていきましょう。

 

近畿地方の気候(中学受験地理のポイント)

近畿地方の気候は4つの分類があります。

  • 太平洋側気候…温暖で降水量が多い。台風が通過することも多く、尾鷲や大台ケ原は日本有数の年間降水量を記録している。
  • 内陸性気候…降水量が少なく、夏冬の温暖差が激しい。
  • 日本海側気候…北西の季節風による影響で冬に雪が多い。
  • 瀬戸内海式気候…年間を通して降水量が少なく、気候も温暖

ポイントは内陸性気候瀬戸内海式気候の違い。

 

降水量が少ないのは同じですが、夏冬の寒暖差が激しいか否かが違います。
海に近いほうが年間を通して温度差が大きくなりません。

 

これは陸よりも海のほうが温度が変わりにくいためです。
逆に、盆地などの内陸性気候は夏冬の寒暖差が激しくなります。

 

大阪、神戸、姫路などが瀬戸内海式気候にあたることも覚えておきましょう。

 

近畿地方の山(中学受験地理のポイント)

近畿地方の山地などで覚えておきたいのは3つ。

  • 紀伊山地…紀伊半島の南部に連なる。降水量が多い。
  • 中国山地…中国地方から兵庫県にまで連なる。
  • 丹波高地…主に京都府北部に広がるなだらかな高地。

紀伊山地は良質な木材の産地としても有名で、吉野スギ(奈良県)や尾鷲ヒノキ(三重県)が全国的に知られています。

 

近畿地方の湖(中学受験地理のポイント)

近畿地方の湖と言えば何と言っても琵琶湖です。
琵琶湖のポイントは下記の通り。

  • 日本最大の湖
  • ラムサール条約登録地
  • 滋賀県の面積の6分の1を占める
  • 近畿の水がめと呼ばれている
  • 琵琶湖から瀬田川、宇治川、淀川となり大阪湾にそそいでいる

琵琶湖から流れ出ているのは瀬田川で、ほかの川(桂川、木津川)と合流して淀川となります。

PR


 
偏差値を上げるには 中学入試で社会の配点 都道府県ランキング 有名中試の過去問分析 2016年時事問題