中学受験社会(地理)での関東地方のポイント

中学受験社会(地理)に役立つ関東地方の自然

中学受験の社会(地理分野)でポイントとなる関東地方の自然についてまとめています。
今回は平野、半島、湖などについてです。

 

関東地方の気候、山、川については下記の記事をご覧ください。
(参考記事:関東地方の自然(1)

 

日本最大の関東平野(中学受験地理のポイント)

関東地方と言えば、日本最大の平野である関東平野です。
一都六県に広がっていて関東ローム層という火山灰土に覆われています。

 

関東平野の広さは約1万7000平方キロメートル。
日本で二番目に広い石狩平野(3,800平方キロメートル)の約4.5倍です。

 

関東地方にあるのは関東平野だけではありません。千葉県の九十九里浜に沿って広がる九十九里平野や神奈川県南西部にある足柄平野も関東地方の平野です。

 

千葉県の房総半島、神奈川県の三浦半島

関東地方の半島で覚えておきたいのは2つ。
千葉県の房総半島と神奈川県の三浦半島です。

 

この2つの半島が東京湾を囲むようにあります。
どちらも温暖な気候で野菜や花の栽培がさかんです。

 

日本で二番目に大きい湖

関東地方には日本で二番目に大きい湖があります。
茨城県にある霞ヶ浦(かすみがうら)です。

 

面積は167平方キロメートルで日本一の琵琶湖(670平方キロメートル)の約4分の1です。
霞ヶ浦以外の関東地方の主な湖もあわせて覚えておきましょう。

  • 中禅寺湖(栃木県)
  • 芦ノ湖(神奈川県)
  • 相模湖(神奈川県)

PR


 
偏差値を上げるには 中学入試で社会の配点 都道府県ランキング 有名中試の過去問分析 2016年時事問題