中学受験社会(地理)での中部地方のポイント

中学受験社会(地理)に役立つ中部地方の自然

中学受験の社会(地理)でポイントとなる中部地方の気候、山、湖についてまとめています。

 

中部地方の気候(中学受験地理のポイント)

中部地方の気候は北陸、中央高地、東海地方で特徴が異なります。

  • 北陸地方…日本海岸式気候。冬は北西の季節風の影響で、雪が多い。
  • 中央高地…内陸性気候。一年を通して降水量が少なく、夏と冬の気温差が激しい
  • 東海地方…太平洋岸式気候。夏は降水量が多く、冬は晴天が多い。

覚えておきたいのは冬に北西の季節風の影響で北陸地方に雪が多いこと。
中央高地の寒暖差が激しいこともチェックポイントです。

 

中部地方の山(中学受験地理のポイント)

中部地方の山で最初に覚えておきたいのは日本アルプス
中央高地にある3つの山脈の総称で日本の屋根とも呼ばれています。

  • 飛騨山脈(北アルプス)
  • 木曽山脈(中央アルプス)
  • 赤石山脈(南アルプス)

中部地方の山脈でもう一つ覚えておきたいものがあります。

  • 越後山脈

中部地方と東北、関東地方のあいだにあるのが越後山脈です。

 

また、日本一の富士山があるのも中部地方。
富士山は山梨県と静岡県の県境にあります。

 

中部地方の湖(中学受験地理のポイント)

中部地方の湖で覚えておきたいのは2つ。

  • 諏訪湖(長野県)…天竜川の水源
  • 浜名湖(静岡県)…ウナギの養殖が有名

ほかに山梨県に富士五湖(山中湖、河口湖、本栖湖、精進湖、西湖)があります。

 

参考書よりも頭に残りやすい動画による解説授業はコチラ
スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

PR


 
偏差値を上げるには 中学入試で社会の配点 都道府県ランキング 有名中試の過去問分析 2016年時事問題